2012年03月05日

和と洋どちらがお好き?

こんにちわ旅チャリスタッフのタジンです。


3月に入ると寒かったり暖かい日があったりと冬〜春へと変わっていく季節を感じられますね!
こうなってくると外に出るのが楽しくなりはじめます。

今日は、ここウェスティンホテル前の三条通をメインに西へ向かってレトロな建築物を眺めながら走ってきました。


東西にのびるこの通りは、東は山科区四宮から西は右京区嵐山まで至ります。
近代建築が数多く残されている三条通の新町通〜寺町通の一帯は京都市の「界隈景観整備地区」に指定されています。
前回スッシのブログで紹介しました京都文化博物館の別館も代表格の1つです。

Image0004.JPG

こちらは、旧日本銀行京都支店として明治から昭和にかけて使われていたレンガ造りバロック様式の建物です。
この辺り、このような洋館の向かいには町屋風のお店が建ち並んでいたりと和と洋、両方の建築物がみれる独特の景観です!


Image0012.JPG

みなさんのお好みはどちらですか?
建物内にはアパレル、雑貨、カフェなど魅力的なお店がいっぱいです。

この界隈は本当に走っていると楽しいですよ〜!
京都らしい路地裏も自転車だと探検気分で入っていけます!

Image0008.JPG

ウェスティンホテルからもこの景観地区あたりまでは20分もかからず行くことができます。

明治時代にメインストリートとして賑わった三条通へ旅チャリでタイムトリップしに行きませんか!
posted by 旅チャリスタッフ at 05:00| 京都 ☁| 東山エリア | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

春を感じて

こんにちわ!旅チャリスタッフのタジンです。


2月に入り、京都も一段と寒さが厳しくなり雪がちらつく日も多くなりました。
プリンスホテルから見える比叡山も白くお化粧していてとっても綺麗です。そんな中でも少しずつ春を迎える準備が始まっています。

Image0003.JPG


これからは早春告げる梅の花が咲き、そして来月には雛祭りとなります。
そこで今回は、梅とお雛様に関するイベントをご紹介したいと思います。


昨年のブログ(2011、1/19)で節分祭のご案内をした北野天満宮は、梅の名所として知られています。
境内には50種約1500本以上の梅の木があり、満開の頃には芳春な香りに包まれます。
こちらの梅苑が2月上旬から特別公開されます。

Image0006.JPG


そして北野天満宮の御祭神、菅原道真公の祥月命日である2月25日には、梅花祭がおこなわれ天神市とあわせて境内は大勢の人で賑わいます。

*梅苑公開
2/10〜3月中〜下旬位まで(状況により閉苑されますので詳しくはお問合わせ下さい)
10〜16時まで
入苑600円(茶菓子付)

*梅花祭
2/25 10時〜
茶会10〜15時
野点拝服1500円

北野天満宮
075‐461‐0005
場所は2011、1/19ブログにてご確認下さい。


続きまして、この北野天満宮から今小路通を西へ進み、西大路通いっぽん手前の通りを北へ5分くらいの場所にある平野の家、わざ永々楝では『桃花の節−ひいな遊び−』と題し春季特別展が公開されます。
時代雛、古今雛、御所人形と雛さま達の饗宴の始まりです。
お雛様といえば、京都では雛人形は向かって右が男雛、左が女雛と他の地方とは反対に飾られます。これは南向きの御所では左方向が上位とされる天皇家の並び方にならっての古来からの風習によるものだそうです。古いしきたりを重んじる京都ならではですね!

そして 大正ロマン漂う風情あるこちらの建物は、大正から昭和にかけて活躍した画家の山下竹斎の邸宅兼アトリエとして使われていたものだそうです。
イベントがない時は閉まっているので建物の見学をされたい方は、事前に予約をすれば1000円抹茶、菓子付きでゆっくりご覧頂けます。

Image0005.JPG


*桃花の節 ひいな遊び
2/25〜3/31
10〜17時(入館受付は16:30まで)
(月)休館
入館料 1000円
(茶菓子付入館料は2000円)

わざ 永々楝
075‐462‐0014

一足先に旅チャリで春を感じに行ってみませんか
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☀| 東山エリア | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

神社めぐり

こんにちは旅チャリスタッフのフジです。

寒い冬、雪がちらつく中、旅チャリにてウェスティンホテル近くを走ってきました。

走ってみると改めて神社仏閣が多い街だと思いました。

西に向かって出発してすぐに粟田神社があり、さらに進み東大路通りと三条通りの交差点を右(北方向)に進むと“満足稲荷神社”がありました。

P2012_0130_132804.JPG


長年、京都にいながら名前も知らなかった神社ですが、豊臣秀吉が信仰して出世が叶えられたのが名前の由来になっているようです。
訪れたのが節分前ということで節分祭の案内もありました。

節分祭といえば吉田神社が有名ですが、続いて近くにある聖護院向かいの須賀神社に行ってみました。

P2012_0130_134709.JPG


こちらも節分祭は有名で2、3日この日だけ懸想文(¥1000)が授与され縁結びのお守りになるようです。
訪れた日は準備中だったので、残念ながらGetできませんでした。
のぼりが上がっていて雰囲気だけはあじあえましたが残念!

さて帰ろうかと、須賀神社横の南北に通る細い道を発見!
どこに抜けるのか行ってみると

P2012_0130_134500.JPG

またまた神社がありました。こちらは“御辰稲荷神社”と言うようで芸能、交通安全など除災の神様のようでした。


旅チャリで少し走って、発見した神社でストップ!見つけた小道もチャリなら行ってみるかと行けるし、改めて京都観光に旅チャリは便利だと思いながらホテルへと戻りました。


今回一番離れた須賀神社まででホテルから約15分くらいです。
またこの辺りは電車では厳しいのでチャリで回るのが最適かと思います。

まだまだ寒さ厳しいですが、しっかり防寒して楽しく観光しましょう!
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☀| 東山エリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。