2012年03月12日

『春はあけぼの。

やうやうしろくなり行く、山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。』(枕草子より)

こんにちは
グランドプリンスホテル京都 旅チャリスタッフの ひぐり です。

「はる」と平仮名で表したいようなうららかな朝、
自転車通勤してみました。

風の円やかさ季節の香りが感じられます。

北堀川を北上していますと真正面に神山(こうやま)が美しく立っています。

右折しますと行く手に比叡山。手前に見えるは『林山』でしょうか。

この山と、(送り火のひとつ『妙法』の、妙の画かれた)『西山』。その間を縫う『狐坂』を上り『宝ヶ池公園』の西を横切って東に回り込めば 到着です。

狐坂を上るときは 旅チャリやったら、どんなに楽かなぁ!って思います。

この坂から南西に山や市街がよく見えます。

もっとゆっくり見渡せる場所が近くにあります。


『 岡は船岡。…』(枕草子より)

2010年12月24日ブログ『ひとっ風呂!』でご紹介しました、船岡山(112m)。
そのてっぺんの広場に来ています。視界のひらけている南に向いて、

右手うしろ寄りに左大文字が見えます。
その前方に目を移していくと、衣笠から御室の山、麓に仁和寺の五重塔。
双ヶ岡の一ノ丘二ノ丘三ノ丘と続き、
北野の天神さんの森も眼下に見えます。
東寺の五重塔(高さ55m)は、この岡に来るたび飽きもせず「あれかなぁ?」って前方遠くにさがします。
さらに左には京都タワー(高さ131m)が よく見えます。

子供のころ この辺りの地面と東寺の建物のてっぺんが同じくらいの高さと
聞かされました。

東寺の辺りの地面は約25m、この辺りのは約90mですから なるほど です。

京都タワーはここから1〜2q北西の 鷹ヶ峯街道からもよくみえます。

2011年5月28日ブログでご紹介しました鷹峯 源光庵のあたりの地面と タワーのてっぺんが ほぼ同じ高さです。
隣接して光悦寺や常照寺があります。

つくづく京都は盆地やなぁ思います。


平安京造営にあたり
『船岡山』と京田辺市の西端にある『甘南備山』(221m)とを結ぶ線上に 朱雀大路(ほぼ現在の千本通)が決められたと伝えられています。
この平安京の西南鬼門にあたるのが『岩清水八幡宮』。
男山の岩間から清水が湧き、霊泉として信仰の対象とされてきました。

グランドプリンスホテル京都 の所在地=左京区岩倉幡枝町 にも 八幡さんを見つけました!
『八幡宮社』です。

12月8日の 裁縫手芸上達を願う針供養で知られ、『針神社』とも称します。

2010年9月2日ブログ『鹿遭遇!!』でご紹介しました
『妙満寺』のその南に隣接してある『比叡見の丘』という住宅街から
『鞍馬街道』へ抜ける途中にあります。

去年の暮れに旅チャリで試走してましたら、この坂道の真ん中で雌雄の「雉に遭遇!!」光沢のある緑色でしたが、あっという間に竹藪に同化してしまいました。
その向こうは北稜高校のグランドです。

P2012_0211_114808.JPG


次は鳩でよく知られている『三宅八幡宮』へ参りましょう。

宝ヶ池通りを東行、白川通で左折(北上)して、ホテルからは約10分で着きました。上高野三宅町にあります。

俗に『虫八幡』といい、子供の癇の虫除けの神として崇敬を集めています。
特に9月15日の例祭には子供連れの参詣者で賑わいます。
狛犬ならぬ「こま鳩」がかわいい(こわいと感じるひともいるかも^^;)、
噴水や茶店もありこの度巡った八幡さんの中で一番のどかな境内と感じました。

P2012_0224_112354.JPG


白川通に戻り、京都バス「八幡前」から次のバス停「花園町」を右寄りに上がって10分くらいで
『八幡社』通称 長谷八幡宮 に着きました。
ここは岩倉長谷(ながたに)町です。
境内に10ほどの社がありました。
古い絵馬が本殿前に掲げられています。

江戸初期の絵馬を数多く所蔵しているようで、
往時は神事猿楽も行われていたようです。
きょうはひっそりと静かな境内で、鳥居手前でキャッチボールしている親子。

P2012_0303_105407.JPG

この岩倉エリアも古からのものがどっしりとありつつ、新しいものも生まれつつある魅力的なエリアです。

いま いわくら に わくわく くらくら!

みなさん! 旅チャリで京めぐり の季節到来ですよ!!
posted by 旅チャリスタッフ at 05:00| 京都 ☁| 嵐山エリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。