2012年02月27日

嵯峨野+時雨殿+葛飾北斎=◯◯◯◯◯◯

相変わらずの寒さが続く日ばかりですが日が暮れる時間も少しづつ遅くなり春の訪れが近づいて来ているのかなと思います。


3月17日(土)に嵐山にある時雨殿がリニューアルオープンします。
ここ嵯峨嵐山は小倉百人一首の由来の地です。
その百人一首のミュージアムが時雨殿です。
最近、日本の歴史物に関心がある私ですが、まだ一度もこの時雨殿へは行ったことがありません。
ですが、リニューアルオープン後には一度は行って見たいなと思います。

レストラン嵐山さんに下記写真のチラシが置いてあります。
チラシを見てみると、¥100割引券が付いてました!
チラシ枚数に限りがあると思いますが レストラン嵐山さんにお立寄頂きチラシと旅チャリをピックアップして下さい


IMG_0777.jpg


2月1日〜3月25日(日)まで京都文化博物館にて生誕250周年を記念した葛飾北斎展が行われています。
私も初日に行って来ました。
歴史の教科書などで彼の絵を見たことはありましたがやはり本物の絵は迫力がありました!!

そしてこの展覧会の中で出会ったのが諸国名橋奇覧シリーズの山城あらし山吐月橋(渡月橋)と歌意を絵解きした小倉百人一首の絵でした。
渡月橋の絵は前期公開作品(2月26日(日)まで)のようで後期にはご覧頂けないかも知れません。

ということで。。。葛飾北斎も嵯峨嵐山に関係のある人なんだなと嵯峨嵐山の歴史の奥深さに大変関心しました。
もし北斎展に行かれるよう でしたら、京都文化博物館のホームページにて¥100割引の入場割引クーポンがプリントアウトできますよ!
ウェスティンホテルか東急ホテルで旅チャリを借りて京都観光のついでにお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか


最後タイトルの◯◯◯◯◯◯みなさん見当がつきましたでしょうか?
答えは小倉百人一首でした。それでは皆様。

スッシより。  

IMG_0779.jpg

IMG_0781.jpg
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☔| 嵐山エリア | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

ご縁

旅チャリのミヤ人間のごみなので回収されて極楽へ往く

耐えやすき寒さや人の冷たさや極楽に待つ春を想えば

相変わらず下手くそな短歌ばかり詠んでいる旅チャリのミヤです。


ここ京都東急ホテルにはたくさんのご信心のお客様がお泊まりになります。
特に昨年から今年に掛けましてほとんどその方々だけの日も有ったようです。
親鸞聖人のご遠忌でした。

私は無信仰者ですが、何かのご縁とも思いまして、教行信証に挑戦をして見ました。
とても難しく、100ページほどで中断しております。
ご縁があれば又戻って来ようと思い、歎異抄の再読をしてブログを作ろうとしています。
何度も読み返しました。朗読を収録したCDも聴きました。
以前読んだ時にも何度も繰り返し読んだ記憶が有ります。

ご縁のある方はぜひお読み下さい。


なんて純粋な、澄んだ願いなんだろう。

南無阿弥陀仏。

悪人が極楽へ往かせていただく。仏に成る。
その上で一切衆生を救う。
救いに、善悪の対立は有りません。
一切衆生を善と悪とに分別収集する必要なんか無いのです。

この純粋な信仰を前にすれば、旅チャリの宣伝ブログを作ろうとするのが、何か雑音を発するだけの行為のように感じられるのです。

P2012_0123_142433.JPG

西本願寺です。


P2012_0123_141254.JPG

東本願寺です。

P2012_0123_142026.JPG
旅チャリに乗って下さる人が居て他生の縁のありがたきかな
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☀| 全般 | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

春を感じて

こんにちわ!旅チャリスタッフのタジンです。


2月に入り、京都も一段と寒さが厳しくなり雪がちらつく日も多くなりました。
プリンスホテルから見える比叡山も白くお化粧していてとっても綺麗です。そんな中でも少しずつ春を迎える準備が始まっています。

Image0003.JPG


これからは早春告げる梅の花が咲き、そして来月には雛祭りとなります。
そこで今回は、梅とお雛様に関するイベントをご紹介したいと思います。


昨年のブログ(2011、1/19)で節分祭のご案内をした北野天満宮は、梅の名所として知られています。
境内には50種約1500本以上の梅の木があり、満開の頃には芳春な香りに包まれます。
こちらの梅苑が2月上旬から特別公開されます。

Image0006.JPG


そして北野天満宮の御祭神、菅原道真公の祥月命日である2月25日には、梅花祭がおこなわれ天神市とあわせて境内は大勢の人で賑わいます。

*梅苑公開
2/10〜3月中〜下旬位まで(状況により閉苑されますので詳しくはお問合わせ下さい)
10〜16時まで
入苑600円(茶菓子付)

*梅花祭
2/25 10時〜
茶会10〜15時
野点拝服1500円

北野天満宮
075‐461‐0005
場所は2011、1/19ブログにてご確認下さい。


続きまして、この北野天満宮から今小路通を西へ進み、西大路通いっぽん手前の通りを北へ5分くらいの場所にある平野の家、わざ永々楝では『桃花の節−ひいな遊び−』と題し春季特別展が公開されます。
時代雛、古今雛、御所人形と雛さま達の饗宴の始まりです。
お雛様といえば、京都では雛人形は向かって右が男雛、左が女雛と他の地方とは反対に飾られます。これは南向きの御所では左方向が上位とされる天皇家の並び方にならっての古来からの風習によるものだそうです。古いしきたりを重んじる京都ならではですね!

そして 大正ロマン漂う風情あるこちらの建物は、大正から昭和にかけて活躍した画家の山下竹斎の邸宅兼アトリエとして使われていたものだそうです。
イベントがない時は閉まっているので建物の見学をされたい方は、事前に予約をすれば1000円抹茶、菓子付きでゆっくりご覧頂けます。

Image0005.JPG


*桃花の節 ひいな遊び
2/25〜3/31
10〜17時(入館受付は16:30まで)
(月)休館
入館料 1000円
(茶菓子付入館料は2000円)

わざ 永々楝
075‐462‐0014

一足先に旅チャリで春を感じに行ってみませんか
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☀| 東山エリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。