2010年12月30日

初詣

旅チャリ嵐山デスクのスッシです。

2010年もたくさんの方に旅チャリをご利用頂き誠にありがとうございます。
2011年もどうぞ旅チャリを宜しくお願いいたします。


さて、京都には多くの寺社がございます。
初詣には是非旅チャリをご利用下さい。
交通渋滞に巻き込まれることも少なく時間の節約になるかと思います。
旅チャリ4拠点の近辺には様々な寺社がございます。
嵐山近辺では松尾大社や車折神社などなど。
下記写真は松尾大社です。

Image0007 (1).JPG



旅チャリ4拠点は年中無休にて朝9時〜夕方5時まで営業しております。
ご興味のある寺社へは最寄りの旅チャリ拠点をご利用下さい。
(自転車には数限りがございますこと予めご了承下さい。)
皆様のご来店お待ちしております。(2010年12月末 ブログ投稿)

Image0008 (1).JPG
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☀| 嵐山エリア | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

寺子屋

東急ホテルの旅チャリスタッフ、ミヤです。


四条大橋東詰め、京都の芝居小屋を代表する南座の写真です。側面から撮りました。

P2010_1211_155311.JPG

南座と言えば年末恒例の顔見世興行ですね。
おなじみ筆太の書体勘亭流で役者の名を書いたまねきの看板は、四条通りに面して掲げられています。

繁華街のこの辺りの四条通りでは自転車の走行が出来ません。押して歩きましょう。

南座の顔見世、私も観たい!
七五調で申し上げるならば、まねきの上がる顔見世を、観てえ心は山々の、ふところ寒き年の暮れ、今は断念、あ、いたしやしょう。

私だって、顔見世を観劇したことが有るんです。
前世紀の末に、舞台よりも天井の方がくっきり見える席でした。
後ろの座席であってもそんなに入場料はお安くはないのですが、顔見世にはそれだけの値打ちが有ります。


普通の自転車より確かに高い電動アシスト自転車と同じように、支払うだけの値打ちが。
今年の演目の一つが寺子屋。私は文楽で観ました。
元々人形浄瑠璃の演目です。

日本人が創造した世界演劇史上有数の劇的場面だと言うことです。
寺子屋に菅原道真の子供がかくまわれています。
政敵藤原時平の命令でその首を差し出さなければなりません。
首実検をするのが時平の家来、松王丸です。
この芝居は、大恩ある菅原道真の子供の命を救うために、自分の子供を身代りにする松王丸夫婦の話です。
わざと我が子を寺子屋に預けるのです。
義理と人情の対立は封建道徳では義理が勝って当然なんですが、それにしても、我が子の首を前に置いて、道真の子だと言い切る場面は息を呑みます。
息子の生首を見つめる、永い、永い、永遠のように永い瞬間。
三人の遣い手によって命を与えられた松王丸の人形は、劇的と言う言葉の持つ最も強い意味で劇的な、何か途方も無く巨大な存在と化しました。
歌舞伎でも是非観たいものだと思います。
歌舞伎役者にもいろんな事が起こるようですが、磨きあげられた芸には魅了されます。
声援を送りたくなります。

私は旅チャリをご利用のお客様が、都大路を花道のように格好良く駆け抜けて行く姿にも、声援をお送りしようと思います。

旅チャリと我が顔見せに京を行く待ってましたと声が掛かりぬ

P2010_1211_160250.JPG


暮れも押し詰まって来ました。八坂神社から四条通りを写したものです。
大晦日の夜から元旦に掛けて、ここの鳥居の石段に立ちますと、歩行者天国になったこの道を、初詣の大群が襲来する歴史映画のような光景を見ることが出来ます。
日本史を動かしている日本人の大河です。
我々一人一人が、この大スペクタクルのエキストラです。
あ、失礼。一人一人が主役です。

来年も旅チャリをよろしくお願いいたします。

幸多き新たな年を旅チャリで出迎えようと充電をする
posted by 旅チャリスタッフ at 06:00| 京都 ☔| 市内中心部 | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

ひとっ風呂!

こんにちわ!旅チャリスタッフのタジンです。


京都も紅葉が終わり、にぎやかな都も少し落ち着き京都らしい底冷えする寒さが到来してきました。

こんな日は「あったまりたいなぁ〜」と京都いや日本最強と言われる船岡温泉まで旅チャリで行ってきました。
温泉と言っても天然温泉ではありません。
上方では伝統的な銭湯の屋号には××温泉とつくようです。
1923年に建築された古めかしくも格調高き門構えからも元は料亭旅館だったという豪華な内装はそのままの姿で維持されており登録有形文化財に指定されています。


P2010_1208_134411.JPG

P2010_1208_134513.JPG

日露戦争を題材としたすかし彫りの欄間彫刻など見事です。
天井には天狗の彫り物。極彩色のマジョリカタイルとちょっとした博物館気分に浸れます。
ふむ!外人さんに人気があるというのも納得です。

プリンスホテルからも25分程で行けてしまい露天風呂もあるのでゆっくりつかって大正ロマンを体感してみて下さい。
平日は3時〜ですが日祝日は8時〜と朝風呂も楽しめます。
船岡温泉を知らずして銭湯は語れないと言ってもいいでしょう。

是非、実際にご覧になって驚いて下さい。
一見の価値大ありです。
そして船岡温泉の目の前に山全体が国の史跡に指定されている船岡山があります。
この山は100M程の小山ですが織田信長を祀られている建勲神社や船岡公園もあり市民の憩いの場になってますが実は色々ないわれのあるスポットなんです。頂上からの眺望もなかなかですので是非立ち寄ってみて下さい。

P2010_1208_140807.JPG

来年も皆様に旅チャリを楽しんでいただけるように色々な京都をお伝えできればと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。
タジン
posted by 旅チャリスタッフ at 21:23| 京都 ☁| 洛北エリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。