2010年10月27日

気のむくままに〜

こんにちわ!旅チャリスタッフのタジンです。


さぁこれから京都は紅葉シーズンです
ここ洛北でもぼちぼち木々の葉が色付く準備をはじめていますよ。

そんな景色を眺めながら今日は行き先を決めずに旅チャリをスタートしてみたいと思います!

まず、プリンスホテルを出て左へ宝ヶ池通にでたらさらに左に進むと三叉路交差点前の標識で岩倉というのが目に入ったのでそちらへ進んで行きますと岩倉川沿いに黄花コスモスが風にゆれながら咲いてるのがなんとも秋を感じました。

P2010_1020_140324.JPG


さらに真っ直ぐ進むと実相院の案内標識がでてきたので行ってみることにしました。
ココ実相院門跡は季節ごとに変わる床に映るもみじの色を楽しめます。
これからは真っ赤な床紅葉をご覧頂けますよ。

P2010_1020_134404.JPG


11月12日よりライトアップもスタートしますので幻想的な床紅葉もおすすめです【PM18〜21迄】
実相院からすぐのところに白壁の塀が続いていたのでとまってみると岩倉具視幽棲旧宅でした。
この門の上ではなんと二匹の子猫がかわいらしく出迎えてくれました。

P2010_1020_135350.JPG


追われる身となった岩倉具視が隠れ住んでいたこの屋敷はかの坂本龍馬や大久保利通らと維新の密議を行ったとされている史跡なのです。
ふと歴史にふれたひと時でした。


今回はあてもなく出発してみましたが、岩倉はホテルから20分程と近くエリアには美味しいパン屋やスイーツ店もありますので是非寄り道してみて下さいね。
岩倉スイーツマップも用意しております!
秋は旅チャリで気ままにふら〜とでかけてみませんか。

いきあたりばったりもなかなか楽しいものですよ!

スタッフ一同お待ちしております。タジン
posted by 旅チャリスタッフ at 20:37| 京都 ☁| 嵐山エリア | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

お散歩がてら…

こんにちは!旅チャリスタッフのフジです。

自転車に乗るのに、とてもいいシーズンになりましたね。
また近場散策に行ってきました。


ウェスティンを左(西向き)に出発〜神宮道を左折します。
右側には赤い大きな鳥居が見えますよ。
上り坂ですが楽々と進んでいくと、左側にお庭で有名な青蓮院門跡があります。
入口には大きな立派な木があります!

P2010_1023_133023.JPG

P2010_1023_133743.JPG

10/30よりライトアップも始まるようです。紅葉シーズンにオススメです。


青蓮院を過ぎ進むと知恩院の三門が見えてきます。

P2010_1023_133350.JPG

観光バスが駐車場にいっぱいで、みなさんカシャっと記念撮影してました。
ここも人気の観光スポットなんですね〜


ここまで10分かからない距離です。
走りやすい道ですので、スイスイ行けました。次はもう少し走ってみたいですねーー
posted by 旅チャリスタッフ at 08:56| 京都 🌁| 東山エリア | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

夢は嵯峨野をかけめぐる

旅チャリに大地も優し秋桜
P2010_1008_133653.JPG


旅チャリを駐めて、嵯峨野のコスモスを見ていました。
恍惚となります。
夢見心地と言うことです。
レストラン嵐山旅チャリスタッフのサトです。

芭蕉の滞在したことで名高い、落柿舎を訪ねます。
この去来の別荘には芭蕉先生しばしば泊まって、弟子たちと歓談の時を過ごしておりました。
嵯峨日記をこちらで物しています。
全国にたくさん弟子のいた彼のことです。
当時インターネットがもし有れば、きっとブログを開設して、落柿舎からも、大いに情報発信をしたことでしょう。
いわく、嵯峨野は百代の観光地にして、行き交うならば旅チャリなり!


嵯峨日記の圧巻は、芭蕉が落柿舎での独り寝の時、若くして死んだ美青年の弟子を夢に見る記述です。共に旅寝をした最愛の弟子の夢に、俳聖は涙を流します。
ブログ版嵯峨日記であれば、アクセス数の急増するところでしょう。

人は夢を見ることで心のバランスを取りながら人生行路を進むと言います。
ちょうど自転車に乗るように。
芭蕉先生のように広大無辺の酔狂に生きた人物は、恐らく暗く重たく深く遠い夢を見て釣り合いを取ったのではないでしょうか?壮絶な印象を受ける文章です。

P2010_1008_133036.JPG

私はのんきな極楽とんぼなんで、いたって気楽な夢を見ます。

夢の中で、芭蕉と弟子たちに電動アシスト自転車旅チャリを貸し出しました。

彼らは芭蕉を先頭に、縦列でサイクリングを楽しみます。

私もまた彼らと一緒に嵯峨野の秋をかけめぐります。



旅チャリと行き交う夢やとんぼかな
posted by 旅チャリスタッフ at 21:00| 京都 ☁| 嵐山エリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。