2010年09月30日

北山界隈

こんにちわ!
旅チャリスタッフのタジンです。


9月も下旬となりやっと秋めいてきましたが秋と言えば“食欲の秋”“芸術の秋”様々な秋を連想しますがそんな楽しみを見つけに今日は初秋に北山界隈を散策してきました。


北山までのルートは鞍馬街道Tのブログでご案内したとおりでプリンスホテルより下鴨中通の北山駅まで約25分程の道のりです。


この北山駅前メインの北山通には銀杏並木がつらなりこれからの季節黄金色に染まる美しい並木道が見られますよ。

Image0008.JPG


この北山駅から北山通りを西へ進みすぐのところに名画を陶板に転写して展示してある野外絵画庭園“京都府立陶板名画の庭”で世界名画と水流に癒されます。

Image0000 (4).JPG

ここから進むこと1分程で面積24ヘクタールの広大な敷地の公立植物園“京都府立植物園”で季節の花々が楽しめます。
ここから更に進むと鴨川にかかる北山大橋〜北大路橋まで『半木の道』が続き春には約70本の紅しだれ桜が見事です。
また春にご紹介しますのでお楽しみに!

Image0006.JPG


反対側の北山通沿いには人気のスイーツ店やパン屋さんにしゃれたカフェやかわいい雑貨屋がたち並んでいますので是非立ち寄ってみて下さい。


お天気よければ焼きたてのパンを買って鴨川でランチもいいですね!

旅チャリであなたにあった○○な秋を楽しんで下さい。

スタッフ一同お待ちしております。タジン
posted by 旅チャリスタッフ at 09:11| 京都 ☔| 洛北エリア | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

サイクリング日和

んにちは!旅チャリスタッフのフジです。


いきなり゛秋゛って感じになり、涼しくなりましたね!
秋晴れの中、旅チャリにて少し走ってきました。
今回は御所にあります梨木神社。


いろいろなルートはありますが、今回はウェスティンホテルを左(西)に出発し、2つ目の信号を右に向かいます。

するとすぐに大きな鳥居が見えます。

P2010_0925_133255.JPG


まっすぐ行くと平安神宮です。
今回は通りすぎ疎水沿いに進みました。
信号で振り替えると、大文字の山が!

P2010_0925_133840.JPG



さらに、道なりに進むと鴨川が見えてきます。
゛丸太町゛の橋を渡り進むと右手に緑が見えてきます。
御所です。見えた角、寺町通りを北へ進むと梨木神社に到着します。
ちなみに、梨木神社は京都三名水の一つがあるところです。

P2010_0925_135116.JPG


また、すぐ近くには紫式部の邸宅跡もあります。

20分くらいの距離でしたが風が気持ちいいサイクリングでした。
posted by 旅チャリスタッフ at 19:50| 京都 ☁| 東山エリア | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

旅チャリ物語

レストラン嵐山旅チャリスタッフのサトです。


秋の収穫を待つ嵯峨野の田園にも、電動アシスト自転車旅チャリは、よく似合います。
P2010_0830_085040.JPG

P2010_0830_085702.JPG



また、大沢池と並ぶ観月の名所、広沢池にも映えるようです。
P2010_0830_085510.JPG


嵯峨野は、竹林と月の名所なので、竹取物語を思い出します。

かぐや姫のお話です。

各地にこのお話ゆかりと言われる場所が有ります。
京都府下では、向日市と京田辺市等が、竹取物語の由来地と言われるそうです。
嵯峨野は残念ながらそうではありません。
そこで嵯峨野を舞台にしたストーリーを作ってみました。

題して、旅チャリ物語です。

今は昔、嵐山にレンタル自転車の店番をして暮らす孤独な初老の男がおりました。

仮に、旅チャリの翁と名付けておきましょう。
ある時に、旅チャリの翁の携帯電話が鳴ります。
嵯峨野の竹林で自転車のチェーンが切れたので、助けに来てほしいと言うのです。
早速来て見ると、周囲の竹林までが輝くほどの美人。
自転車のチェーンが切れたことで縁が結ばれて、二人は結婚いたします。
彼女は才色兼備でした。
妻の入れ知恵で、環境保護に京都観光を結びつけた旅チャリ企画書を提出、最優秀企画に選ばれ、正社員に採用されて、二人の生活は安定いたします。
幸福の絶頂期は、しかし永くは続きません。
ある仲秋の名月の夜、妻は「月へ帰ります」との書き置きを残して蒸発してしまいました。
悲嘆のあまり、旅チャリの翁は自転車に変身してしまうのです。
満月の妖しい明かりに照らし出された刈り入れ前の嵯峨野路を、無人の自転車がひたすらに駆け抜けて行きます。

空に輝く月にも、池に揺れる月にも、自転車ではたどり着けません。
自分ながら幻想的な光景だなあと思っているところへ「おっちゃん、寝てたらあかんで!」との声がかかります。

気付くと、電動アシスト自転車の充電器のそばでうたた寝をしていたのです。以上の出来事は、電動アシスト自転車のバッテリーがランプひとつ分も充電されていないほどの、つかの間の夢でございました。

これはひとつのサンプルに過ぎません。皆さんも旅チャリ物語を考えてみて下さい。

旅チャリの翁も漕ぐや月に舟
posted by 旅チャリスタッフ at 13:33| 京都 ☁| 洛北エリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。